男性女性

中古マンションの投資のメリットを確認しておきましょう

相場観を養う

積み木

相場はこうして決まる

家賃相場を決めるのはその土地や建物の特徴です。特徴を掴んでおくことでより相場に近い家賃を見極めることができます。まず場所ですが、都心部に近ければそれだけ家賃相場は高くなります。そして物件から一番近い駅からの距離も近いか遠いかで家賃は違います。バスを利用しなければ駅に行けないような場所にある不動産は相場から下がります。家やマンションであれば築年数は重視すべき点です。築年数が経っている建物は老朽化が進んでしまうのでどうしても相場より下がります。設備も重要なポイントです。ウォシュレット機能のついたトイレや浴室乾燥のついたお風呂など最新式であれば相場より上がります。インターネットがどれだけ快適にできるかも重視されます。

知らなきゃ損

家賃相場を見極めることは誰でも必要です。それにより得をするからです。大家の立場であれば、家賃を適正価格にすることで入居者を募ることができます。的外れな家賃にしたら人気物件になるどころか不動産屋も積極的に紹介してくれません。家を探している人は家賃相場を知ることで掘り出し物の物件に当たることができます。例えば取引される時期をずらすだけでも家賃は得をします。人が動く時期を外せば下がった家賃で入居することができます。また、通常とは違った間取りの場合も家賃は下がりがちであり一般的なところよりお得に住めます。リノベーションされて設備がよくなっても大家が家賃をあげていなければそこも狙い目です。このように家賃相場は貸す側、借りる側双方にとって知っておいて損はありません。